新築・注文住宅のクレバリーホーム岡山南店が住まいの耐火・防火性についてお話しします。

耐火・防火性
Fire resistance / Fire retardant property

  1. ホーム
  2. 耐火・防火性

炎の拡大を阻止して火事を防ぐ技術

どんな家、建物であっても火災のリスクはつねに付きまといます。
しかし、炎の広がりを効果的に抑えることができれば、被害を最小限に食い止めることは十分可能です。クレバリーホームの家づくりでは、耐火性に優れた木材、防火仕様のタイルベース、炎の流れを効果的に遮断するファイヤーストップ構造の採用でワンランク上の安心を実現しています。

そんな耐火・防火性について、注文住宅を手がける「クレバリーホーム岡山南店」が詳しくご説明します。

火災に強い木材

火災に強い木材

意外に思われるかもしれませんが、木材は火災に強い建築材料です。一般には鉄筋や鉄骨のほうが有利なように思われていますが、実際は違います。
たとえば、火災発生で炎がある程度回ると、鉄骨や鉄筋は高熱で軟らかくなり、当初の強度を保てなくなります。
しかし、木材は表面部分に炭化層ができ、そのおかげで内部まで火が回らずに済み、建物を長い時間にわたって支えます。クレバリーホームが木造住宅にこだわるのは、木材のこうしたメリットに着目しているからです。

防火仕様のタイルベース

防火仕様のタイルベース

最初は小さな火でも、燃え広がると手が付けられなくなるのが火災の怖いところ。とくに面積の大きな外壁部分は相応に延焼しやすく、近隣の火災で“もらい火”するリスクもあります。
そこでクレバリーホームでは、外壁タイルの下地材に防火性に優れた窯業系タイルベースを採用。仮に表面温度が800℃を超える高温となっても、建物内では手で触れて問題のない程度にとどまります。
万が一、炎で壁面が損傷しても多層構造の外壁により類焼被害を最小限に食い止めることができます。

ファイヤーストップ構造

ファイヤーストップ構造

建物内で火災が発生したら、延焼を食い止める対策が不可欠です。
クレバリーホームでは、気密性を高める独自のファイヤーストップ構造で炎の流れを効果的に遮断し、火が燃え広がるのを防ぎます。また、壁体内に防火性に優れた石膏ボードを採用することで、延焼防止効果を高めています。なお、石膏ボード内には一定の割合で結晶水が含まれており、火災時、高温で水蒸気となり、炎の鎮静化に一役買います。

  • 外壁タイル
  • 気密・断熱性
  • 基礎構造
  • 耐火・防火性
  • 遮音・防音性
  • 収納・動線
  • 職人の技術

当店への資料請求・お問い合わせはこちらから

  • facebook
  • instagram
  • スタッフブログ
  • 社長ブログ

gotop

Copyright © 2018 Vita Design Co.,Ltd. Allrights Reserved.