新築・注文住宅のクレバリーホーム岡山南店が住まいの収納・動線についてお話しします。

収納・動線
Storing / Conducting wire

  1. ホーム
  2. 収納・動線

暮らしやすさを左右する収納・動線計画

住まいの使い勝手、暮らしやすさに大きく関わってくる要素に収納と動線があります。
とくにキッチンの収納や家事動線には、女性の目線に立った周到な設計が何より欠かせません。クレバリーホームの家づくりでは、家庭の主婦である奥様へのていねいなヒアリングを通じて、キッチンやリビングでの生活様式や家事スタイルをシミュレーションしながら、最適な収納・動線をプランしていきます。

こちらのページでは、注文住宅を手がける「クレバリーホーム岡山南店」が、暮らしやすさを左右する収納の工夫や、動線設計について詳しくご説明します。

女性目線の動線設計

流れるような作業を可能にする家事動線設計

流れるような作業を可能にする家事動線設計

食事の支度をしながら洗濯、お風呂の準備と、同時進行が多いのが家事。
当然ですが、動線が複雑だとムダな動きが生まれ、疲労やストレスがたまります。だからこそ、水回りの動線はシンプルかつダイレクトであることが大切。クレバリーホームの家事動線設計は家庭の主婦の行動様式やニーズを十二分に考慮した明快なプランニングが身上です。家事を楽にする知恵が凝縮しています。

奥様専用のフリースペースを設け、家事のインターバルも楽しく

奥様専用のフリースペースを設け、家事のインターバルも楽しく

主婦と言っても、家事ばかりしているわけではありません。インターネットで情報を検索したり、ネットショップで日用品や家族に必要な物を購入したり、ちょっとした時間を活用して読書や勉強に勤しんだりと何かと忙しいもの。
そのたびに別の部屋に移っていては、家事にもその他の作業にもムダが出かねません。そこで、クレバリーホームでは奥様専用のフリースペースをご提案します。家事動線の中継点にデスク&チェアをレイアウトすれば使い勝手も抜群。家事が楽になるだけでなく、楽しくなること請け合いです。

家事をしながらでも子どもたちに目が行き届くレイアウト

家事をしながらでも子どもたちに目が行き届くレイアウト

勉強ができる子は、自室よりもダイニングで勉強することが多いとよく言われます。そのほうが、1人でいるより集中できるという面もありますが、何よりも家事をしながらでも奥様がお子様の勉強を見てあげられるのが大きいでしょう。
もちろん、勉強の手を止めて親子の会話を楽しむこともできます。この距離感が家族の絆を深めます。

アイデアを生かした収納提案

十分な収納があれば、リビングや居室がすっきり片付いて、お部屋を広く使うことができます。
もちろん、お掃除も格段に楽になるでしょう。また、ゆとりの収納を生かせば、家具などを減らせるので地震の際の転倒で家族がケガをするリスクも解消できます。とは言っても、ただ収納スペースが大きければよいというものではありません。適材適所、その場所に合った機能性や使い勝手を十分に考慮することが大切です。玄関収納や階段下収納、洗面脱衣室のタオル収納などを上手に活用しましょう。

また、お子さんが小さい頃は兄弟姉妹で同じ部屋を共有させ、独立心が芽生えたらそれぞれの勉強部屋を与えてあげたいもの。間仕切りにもなる動くクローゼット(ムーブクローゼット)があれば、そうした変化にも柔軟に対応でき、片付けの習慣も自然と定着させることができます。

PICK UP! オリジナルシステム収納 「MONOプレイス」

PICK UP! オリジナルシステム収納 「MONOプレイス」

MONOプレイスは、毎日の生活の中で必要な場所に必要な容量の収納場所を作ることができるオリジナルの収納システムです。一般的に造付け収納は特注品になるため価格が高くなりますが、MONOプレイスではご用意したパターンを組み合わせるカスタマイズ方式にすることで価格を抑えることができました。

カスタマイズ方式といっても、種類が豊富で、サイズ調整はお部屋の寸法に調整可能、色も床やドアなどに合わせることができるため、組み合わせは無限大。インテリアに合った機能的な収納をご提供できます。

[アイテムの一例]

  • ・玄関収納
  • ・マルチ可動棚
  • ・フリースタイルクローゼット
  • ・システム本棚
  • ・埋め込み収納
  • ・AVファニチャー
  • ・デスクファニチャー
  • ・ムーブクローゼット
  • ・サニタリー収納

ゆとりのある空間設計

天井高2,600mmの高さが生む帖数以上の開放感

天井高2,600mmの高さが生む帖数以上の開放感

家の中で人がどれだけ開放感を抱くかは、単に面積だけでは決まりません。
同じ広さの部屋でも天井の高さ次第では印象としてのゆとりがまったく異なってくるからです。
そこで、クレバリーホームでは、すべてのプランで1階居室の天井高を一般の住宅より200mm高い2,600mmに設定。帖数以上のゆとり、開放感を実現しています。

現代人の生活にフィットするゆとりのメーターモジュール

現代人の生活にフィットするゆとりのメーターモジュール

クレバリーホームの設計基準寸法は「1メートル」、つまりメーターモジュールです。
一方、従来の日本家屋では「910mm」の尺モジュールが基準です。たった90mmの違いですが、広さ感は圧倒的にメーターモジュールが上。例えば、6帖の和室なら7.2帖相当になるほどです。昔より体格が向上し、生活スタイルも変化している今日、旧基準である尺モジュールよりメーターモジュールのほうが私たちにとって快適であることは間違いないでしょう。また、メーターモジュールを採用することで廃材量を減らすことができるというメリットもあります。
※プランにより設計モジュールは変わる場合があります。

  • 外壁タイル
  • 気密・断熱性
  • 基礎構造
  • 耐火・防火性
  • 遮音・防音性
  • 収納・動線
  • 職人の技術

当店への資料請求・お問い合わせはこちらから

  • facebook
  • instagram
  • スタッフブログ
  • 社長ブログ

gotop

Copyright © 2018 Vita Design Co.,Ltd. Allrights Reserved.