新築・注文住宅のクレバリーホーム岡山南店のスタッフによるブログのご紹介です。

ブログBlog

  1. ホーム
  2. ブログ一覧

住宅ローンの話

2019/08/12

住宅ローンの話

こんにちは、野口です。

 

毎日暑い日が続いておりますので水分補給をこまめにしてご自愛くださいませ

 

住宅ローンには、

変動型の住宅ローンと固定型の住宅ローンの2つがあります、

(ミックスローンもありますが、特殊ですのでまたの機会に)

このどちらを選ぶかによって、予算が大幅に違ってくることになります。

 

 

例えば、あなたの状況が、

自己資金として準備出来るのは100万円、

毎月の返済額は75,000円までだったとしたら、変

動型と固定型ではどのような違いがでるでしょう

 

 

  • 変動型の場合の予算

 

 

変動型の住宅ローンも、

銀行や商品によって金利がバラバラです、

仮にあなたが選んだ変動型の住宅ローン金利が、

保証料も込みで0.9%だったとしたら、

返済年数を35年で設定した場合、75,000円の返済金額で借りることが出来る金額は2700万円ということになります。

 

 

となれば、これに自己資金の100万円を足した2800万円が、あなたの予算ということになります。

 

 

  • 固定型の場合の予算

 

 

他方、固定型は少なからず変動型よりも金利設定が高くなっているので、

借入出来る額が少なくなってしまいます。

 

 

仮に、保証料込みの金利が1.4%だとしたら、

返済年数が35年で、

返済金額が75,000円の場合、

借入出来る金額は2500万円。

しかも固定型の場合、

保証会社に支払う事務手数料とローン締結の契約書に貼る収入印紙代、

融資手数料など余分な手数料がかかってくることになります。

仮に借入金額の2%かかってくることになるのであれば、

50万円もの余分な費用がさらに必要となり、

土地や家にかけることが出来る予算が、

さらにその分減ってしまうというわけなんですよね。

 

 

これ以上返済負担を上げたくないし・・かといって先が読めない変動型を選ぶのは不安だし・・というのであれば、

単純に250万円家づくりの予算をカットするしかありません。

そして、そのためには、土地探しと家の設計を別々に考えるのではなく、

並行して考えていく必要があります。

 

 

つまり、土地探しを先にするのではなく、

住宅会社と一緒に土地選びを行ない、

土地に予算を掛けすぎないようにする必要があります

 

 

また、家も大きな家にすればするほどコストも高くなってしまうので、

家の中の無駄を省くことで、

可能な限りコンパクトにする必要もあります。

もちろん、暮らしやすさや性能はしっかりと確保しながらです。

 

 

ということで、

まずはあなたにとっての予算を知ることから始め、

住宅会社と一緒に土地探しもするようにしていただければと思います。

これが、建てた後もゆとりある生活を維持しつつ、

お気に入りの住まいづくりをする最大の秘訣ではないでしょうか?

 

 

長文失礼いたしました。

 

 

***********

クレバリーホームについて:スタッフブログ

お客様の声について:お客様の声

施工実績について:施工事例

モデルハウスについて:モデルハウス紹介

スタッフについて:スタッフ紹介

会社について:会社概要

トップへ戻る

当店への資料請求・お問い合わせはこちらから

最新の記事を見る

至極の一杯
至極の一杯 2019/08/24
土地探しの勘違いしがちな6つのこと 前編
土地探しの勘違いしがちな6つのこと 前編 2019/08/23
大きくなった 2019/08/22
ランチ
ランチ 2019/08/21
お盆休み
お盆休み 2019/08/20

年月別

  • facebook
  • instagram
  • スタッフブログ
  • 社長ブログ

gotop

Copyright © 2018 Vita Design Co.,Ltd. Allrights Reserved.