新築・注文住宅のクレバリーホーム岡山南店が気密・断熱性についてお話しします。

気密・断熱性
Airtightness / Adiathermancy

  1. ホーム
  2. 気密・断熱性

高気密・高断熱・高遮熱の住まい

高気密・高断熱・高遮熱性能を重視した高度な設計で政府が推進する省エネ基準をも先取りした快適かつ高性能な家をお望みなら、注文住宅を手がける「クレバリーホーム岡山南店」にご相談ください。
外壁断熱・窓断熱・天井断熱・床断熱と万全の対策を盛り込んだ「夏は涼しく、冬は暖かい」家、家計にやさしい家をご提案します。

外壁断熱

外壁断熱

「夏は涼しく、冬は暖かい」という理想の住まいを実現するには、室温をいかに外気温の影響から遠ざけるかが大切。なかでも最大の守りである外壁断熱の強化が重要になってきます。
そこで、クレバリーホーム岡山南店では、硬質ウレタン吹付断熱のアクアフォームが標準です。本来ならオプション扱いになる吹付断熱を標準で採用しています。一般的な断熱材よりも格段に優れた断熱性能を確保し、住まいの快適性を高めています。

硬質ウレタン吹付断熱のアクアフォームを75mm厚で隙間なく充填。

窓断熱

建物内でもっとも熱損失が生じやすいのが窓。とくにアルミサッシに用いられているアルミは熱伝導率が高く、屋外と室内の熱の行き来をたやすく許してしまいます。
そこで、クレバリーホームでは、アルミと熱伝導率の低い樹脂をハイブリッド化した樹脂サッシを標準採用。さらに優れた断熱・遮熱性能を発揮するアルゴンガス入りLow-E複層ガラスを組み合わせることで、熱の行き来と、太陽光に含まれる熱線(赤外線)の影響を最小限にとどめています。

■アルミサッシとアルミ樹脂複合サッシの違い

窓断熱

■アルミ樹脂複合サッシ

  • ガラスの違いによる室温差
    アルミサッシ
  • ガラスの違いによる室温差
    アルミ樹脂複合サッシ

アルミ樹脂複合サッシは、高い断熱効果を発揮。結露の発生も大幅に軽減します。

■Low-Eガラスイメージ

  • Low-Eガラスイメージ
  • Low-Eガラスイメージ

室外側ガラスの内面にLow-E膜をコーティング。空気と比べアルゴンガスは比重が重く、熱伝導率は空気の2/3。熱を伝えにくく、さらに断熱性が高まります。

■ガラスの違いによる室温差

  • ガラスの違いによる室温差
  • ガラスの違いによる室温差

天井断熱

天井断熱

太陽光の影響を直接的に受けるのは、屋根と天井との間にできる空間である小屋裏です。盛夏ともなれば70℃程度まで高温化し、これが室温を上昇させエアコンの稼働率を上げる主要因ともなっています。
そこでクレバリーホームでは、天井も外壁断熱と同じアクアフォームを使っています。室温への影響を最小限に抑えます。また、小屋裏にこもった熱と湿気を効果的に排出させるため、小屋裏通気を設けています。

床断熱

床断熱

外壁、窓、天井の断熱対策だけでは完璧とは言えません。床もまた屋外の熱が侵入してくる主要な経路の一つだからです。そこで、クレバリーホームでは、断熱性能に優れたポリスチレンフォームを床下に施工し、万全の対策を施しています。なお、床下は湿気が多いため硬質ウレタンフォームなど一般的な断熱材を用いると、吸湿により断熱性が低下したり、隙間が生じたりして想定した性能を発揮できません。吸湿率が硬質ウレタンフォームの500分の1というポリスチレンフォームならこうした懸念がなく、安定した断熱性能を発揮します。

  • 外壁タイル
  • 気密・断熱性
  • 基礎構造
  • 耐火・防火性
  • 遮音・防音性
  • 収納・動線
  • 職人の技術

当店への資料請求・お問い合わせはこちらから

gotop

Copyright © 2018 Vita Design Co.,Ltd. Allrights Reserved.