アントニオ・ガウディの建築は、いつまでも色褪せない?

今もなおスペインのシンボルとして輝き続ける建築群の中には、実はタイルが使われているものが少なくありません。

サグラダ・ファミリアをはじめ、グエル公園、カサ・ミラ、カサ・バトリョ…。

これらの建造物は全て建築家、アントニオ・ガウディによって作られています。色彩の豊かさや表現力の高さ、美しさが色褪せる事のない機能性など、もしかするとガウディはタイルの魅力を愛していたのかもしれません。

 

 

クレバリーホームが「外壁タイル」を標準仕様としている理由も、『世界に一棟だけのマイホームだから、いつまでも色褪せないでいて欲しい』という想いがあるからです。

もしも、現代にアントニオ・ガウディがいたなら、クレバリーホームの家を気に入ってくれていたかも!?しれませんね。

「外壁タイル」は、土や石などを焼き固めて作った自然の外壁材です。性質は岩や石と同様で、気象の条件による劣化や変色はほとんどありません。

実際に、紫外線への強さを一般的な外壁材と比較してもその差は歴然。タイルの表面に変化はほとんど見られません。ですから、いつまでも街並みに映える美しい住まいを保ち続けることができます。

 

参照HP〈クレバリーホーム公式サイト〉:https://www.cleverlyhome.com/cletile/backnumber.html

家づくりお役立ちコラム|タイル相談室

ページトップへ